多くの場合が、手をジャミングできめてから、足を蹴り上げて足の甲と踵が岩に当たった状態でスタックさせます。
スタック自体は、何度も練習するうちに、両手を離し頭を下にしてぶら下がれるぐらいきめられるようになるので問題はないでしょう。

何が難しいかと言うと、次に体を起こし、頭が上の普通の状態に戻る時です。
簡単に言うとポイントは2つです。
1つ目は、体を起こす時の膝の向き。
2つ目は、片方の足を抜くこと。